丹沢の麓から

アクセスカウンタ

zoom RSS 淺春のパミール高原

<<   作成日時 : 2009/06/16 21:36   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

 1996年5月連休に中国パミール高原を旅行した時のビデオテープをDVDにダビングした。

 ビデオを見ていると10年以上も前の出来事だが鮮やかに思い出せる。カシュガルの町を出るために公安の許可を得たり、タシュクルガンからクンジュラブ峠に行くために公安の許可を得たり、警察が車に同乗して峠を往復したりと何かと検問、チォックの多かったことが思い出された。
 その反面タシュクルガンでは散歩中にタジク族の家に招待されたり、カシュガルではウィグル族の子供たちと仲良くなったりと人の温かさを感じた旅でもあった。

 まだビデオテープも何本か残っていてDVDにダビングしなければならないし、HPの記事も残っているので頑張らなければならない。


クンジュラブ峠
画像

タシュクルガンで招待されたタジク族家族
画像

カシュガル職人街
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
すばらしい場所に行かれたのですね。

いろいろとめんどうだったのは中国だからでしょうか。
このあたりを題材にしたスパイ小説なんかもかなりの数出ているみたいですし、そういう場所柄なのでしょうね。
日向 夏生
2009/06/17 13:44
日向 夏生さん こんばんは!
昔の中国といっても10年ほど前までは外国人未解放地区があったり、公安のチェックがあったりと何かと大変でした。
今は一部の地域を除いて自由に行けるようになりました。
koba
2009/06/18 19:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
淺春のパミール高原 丹沢の麓から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる